【1Y】専攻科第1年次の小寺敬太さん(建築学科小川研究室所属)が2018年度日本建築学会東海支部研究集会にて優秀学術講演賞を受賞

専攻科第1年次の小寺敬太さん(建築学科小川研究室所属)が2018年度日本建築学会東海支部研究集会(2019年2月18日(月)大同大学滝春キャンハス)での論文発表において優秀学術講演賞を受賞しました。

小寺敬太さんの受賞は、論文題目が「災害時に必要となる建築空間に対する音の響きの制御」であり、著者は、小寺敬太(岐阜工業高等専門学校)・説田十吉(東京ガス)・奥山翔(西濃建設)・小川信之 (岐阜工業高等専門学校)の連名となる論文発表でした。

本賞は、日本建築学会東海支部研究集会における優秀なる研究に対する学生講演発表を表彰するものであり、他の受賞者の多くが大学院生による受賞であった中で、専攻科の1年次における受賞となりました。

 

2019年04月01日