ニュース

2022-07-23_24 C科の公開講座を実施しました.

「夢を地図に残す 環境都市工学入門」~キーワードを探し出せ!~と題して公開講座を実施しました.

両日とも晴天に恵まれ,参加者の方々で協力して1つの文章を作り上げました.

今回,定員の2倍の応募をいただきまして,急遽2日に分けての開催となりました.日程調整にご協力くださった参加者の皆様に改めて御礼申し上げます.

運営において至らぬ点もありましたが,本講座を通じて少しでもC科について興味を持っていただけたなら幸いです.

2022-06-13 【4C】基礎実験IIの時間にRC/PCはり載荷試験を見学しました.

本学科の4年生の授業(基礎実験II)の一環として,(株)安部日鋼工業様の岐阜工場にて,実験を見学させていただきました.

実験内容は,1.鉄筋コンクリート(RC)はりの曲げ破壊試験,2.プレストレストコンクリート(PC)はりの曲げ破壊試験,3.RCはりのせん断破壊試験の3つでした.

普段なかなか作ることのできない大きさの試験体を用いた実験は,大変印象に残る実験となりました.RCはりとPCはりの違いや,RCはりの曲げ破壊とせん断破壊の違いなどを実際に目で見て体験する大変良い機会となりました.

2022-06-10 【教職員】川端教員が令和3年度土木学会論文奨励賞を受賞しました.

川端教員が令和3年度土木学会論文奨励賞を受賞し,令和4年6月10日(金)に実施された土木学会賞授与式で表彰されました.

受賞対象となった論文は「高等専門学校におけるモビリティ・マネジメント教育の展開方法の検討」です.

なお,本論文は,千葉大学教育学部の阪上弘彬准教授との共同研究によって得られた成果の一部を取りまとめたものです.

2022-05-12 【全学年】前期スポーツ大会が開催されました.

5月12日に学生会行事である前期スポーツ大会が開催されました.

悪天候のため室内競技のみとなりましたが,熱心な競技が繰り広げられ,それぞれの種目においてC科は好成績を残しました.

結果,本学科では1C,4Cが学年優勝を獲得しました.

2022-05-11 【卒業生】2022春 岐阜高専卒業生 叙勲 第八号

岐阜高専土木工学科(現環境都市工学科)5期生の所輝雄氏(旧春日村出身)がこの春の叙勲において瑞宝双光章の栄に浴されました.

所輝雄氏はS47(1972)年卒業と同時に建設省(現国土交通省)に入省,秋田工事事務所長・青森工事事務所長(1991)や長野県土木部高速道局長(1996),名古屋国道事務所長(2002)など要職を歴任,国土交通本省並びに東北,中部,近畿,中国,沖縄など各地方整備局において,道路行政を中心に危機管理や災害対応などにも携わられ,また専門家としてモーリシャス国で発展途上国の技術協力に取り組まれる(1982)など国内外で活躍されました.その間,岐阜国道事務所長在職時(1999)には愛知万博開催に合わせて整備された東海環状自動車道東回りの建設に尽力されるなど岐阜県内の主要プロジェクトの進展にも尽力されました.

この度,その長年のご功績が認められ,めでたく国土交通行政事務功労により受賞されました.誠におめでとうございます.

2022-03-18 【5C,2Y】卒業証書ならびに修了証書授与式が挙行されました.

5C41名が卒業,C系専攻科生6名が修了しました.ご卒業・ご修了,おめでとうございます!

皆さんの新天地でのご活躍をC科教職員一同心より祈念します.

2022-03-04 【5C,1Y,2Y】令和3年度土木学会中部支部研究発表会にて3名の学生が優秀講演者賞を受賞!

令和3年度土木学会中部支部研究発表会@オンラインにて,5C3名(角野研,菊研),1Y2名(廣瀬研,川端研),2Y4名(角野研,菊研)の学生が発表しました.

このうち,5Cの若松果穂さん(菊研),1Yの早川友樹さん(川端研),2Yの河村将和さん(角野研)の3名が土木学会中部支部優秀講演者賞を受賞しました.

この賞は,36歳未満の優れた研究成果を発表した将来性のある学生や若手の技術者・研究者に対して表彰するものです.

河村さんは本科5年次に続き,2回目の受賞となりました.

2022-02-24 【5C】卒業研究発表会を実施しました.

5年生の高専生活の集大成である卒業研究発表会を実施しました.菅沼さん(川端研)の発表が最高評価を得て,若鮎賞に輝きました.

2021-12-22 【3C】3年生が研修旅行へ行ってきました.

コロナ禍ではありましたが3年生も無事に研修旅行に行くことができました.

本年度は岐阜県八百津町の新丸山ダムの建設現場を見学しました.旅程の都合上,短時間の見学となりましたが,ダム本体工事に着手した現場でAR(拡張現実)技術も用いてわかりやすく説明いただきました.

現場見学後は,養老天命反転地(岐阜県養老町・養老公園内)へ行きました.

2021-11-22 【5C】5年生の卒業研究中間発表会を実施しました.

卒業研究の中間発表会を実施しました.今年度は2会場に分かれての開催となりました.

4年生も聴講する中,緊張の面持ちで発表する5年生の面々でしたが,堂々と発表し,副査からの厳しい質問にも答えていました.

2021-11-18 【4C】測量士試験に1名が合格しました!

令和3年度測量士試験に4C南波典李さんが合格しました.今年度の合格率は18.0%で,難関の国家試験です.
南波さんが測量士試験に初挑戦したのは昨年でした.昨年不合格だった悔しさを糧に,今年再挑戦して見事合格を果たしました.
環境都市工学科としては,測量士試験の合格は2人目で,19年ぶりのことです.
4C南波典李さん:3年生で一度落ちてのリベンジでしたが,無事に合格できてよかったです.

2021-11-18 【3C】測量士補試験に2名が合格しました!

令和3年度測量士補試験に3C神宮司琉羽さんと3C水野竣木さんが合格しました.
3C神宮司琉羽さん:受験後の自己採点では合格ラインギリギリだと思っていたので嬉しいです.授業や実習で学習した成果がなんとか活かせたのかなと思います.これを励みに他の資格取得にも取り組みたいです.
3C水野竣木さん:今年度(3年進級時に)環境都市工学科に転科しており,2年生までの専門科目の内容の補習を兼ねて勉強し受験しました.新たな専門の学びに対応できるか不安でしたが,今回合格できたことで少し自信が持てました.

2021-11-12 【5C】5年生が研修旅行へ行ってきました.

コロナ禍で4年次研修旅行へ行けなかった現5年生.日帰りでしたが,5年次に研修旅行へ行けました!
行程は担任の趣味に付き合う形で,御母衣ダムへ.ダムでは,先輩OBの方に御母衣ダムについてご案内いただきました.
見学後は高山市街へ.限られた時間の中で,弾丸ツアーとなりました.天候に恵まれなかったのは残念でしたが,思い出作りができました.

2021-11-09 【4C】4年生が研修旅行へ行ってきました.

今年度の第4学年の研修旅行は,コロナ禍のため日帰りで実施されました.
岐阜と富山の県境にある東海北陸自動車道の建設現場を見学し,先輩OBの方に真木トンネルについてご案内いただきました.
現場見学後は白川郷を散策しました.

2021-10-08 【教職員】菊教員が土木学会第76回年次学術講演会優秀講演者として表彰されました.

菊教員が土木学会令和3年度全国大会第76回年次学術講演会において,優秀講演者として表彰されました.菊教員は2017年にも同賞で表彰されており,2度目の表彰です.

2021-08-07~08 【5C】オープンキャンパスでC科の魅力を中学生に伝えました.

今年度のオープンキャンパスは,2日間にわたって開催されました.C科では,5C学生が学科全般・地盤系・構造系・環境系に分かれて,それぞれの魅力を中学生に伝えました.誘導係の学生のおかげで,案内も円滑にできました.

C科には,様々な特徴・魅力がありますが,何よりも,実験・実習をはじめとする学校生活を通じて,仲間と協力して物事に取り組み,相手に自分の考えを伝えられるようになる学生そのものが魅力だと思います.

C科のブースにお越しくださった皆様,ありがとうございました.5年生の姿からC科の魅力が伝わっていれば幸いです.

2021-07-17 環境都市工学科の公開講座を開催しました.

「環境都市工学入門 夢を地図に残す~キーワドを探し出せ!~」と題した公開講座を開催しました.最新の測量技術に関する講座のほか,GNSS受信機を使って構内に散らばったキーワードを参加者で協力して探し出し,1つの文章を完成させるフィールドワークを行いました.

フィールドワークでは,暑い中,参加者の皆さんが懸命にキーワードを探してくださいました.見つからない!という参加者の方を他の参加者の方が手助けする様子もみられました.このフィールドワークを通じて,環境都市工学という分野では,みんなで協力してひとつのことを成し遂げるということも伝えられたかなと思います.

募集から締め切りまでの期間が2週間程度と大変短く,参加者が集まるのか不安でしたが,総勢33名の方にご参加いただきました.参加くださった皆様に改めて御礼申し上げます.

2021-06-23 環境都市工学科が推奨する建設系資格取得のための参考書や問題集を貸出し中

C科が推奨する建設系資格(在学中に取得可能)の取得支援事業の一環として,本校のキャリア支援室(総合教養棟2階)にて書籍(写真)を貸し出しています.在学している学生の皆さんは自由に借りられます.資格取得を目指して頑張りましょう!

なおこれらの書籍は岐阜県の「ぎふ建設人材育成・確保連携協議会」様からの支援によるものです.この場をお借りして御礼申し上げます.

2021-06-02 体験型プレストレストコンクリート教材の寄贈

(株)安部日鋼工業様より,体験型プレストレストコンクリート教材「別称:ぴょんぴょん板」を寄贈して頂きました.
代表的な実例として橋梁に用いられていますが,外観を見ても,歩いても,自動車で走行しても,プレストレストの作用を簡単には実感できません.プレストレストコンクリートは,社会基盤を支える見え難く感じ難い,まさしく縁の下の力(技術)です.本教材は,この現象を実感するためのミニチュア版です.一見ただのコンクリート製の板ですが,内部に予め力が入っていますので,外から力を加えると跳ね返るように動きます.プレストレストコンクリートの詳しい説明は,下のファイルをクリックして拡大表示で見て下さい.
寄贈者である(株)安部日鋼工業 常務取締役 梅田勇人様は,本校土木工学科(現:環境都市工学科)14期生です.吉村教授と同級生であり,何かとご縁を感じます.(株)安部日鋼工業様には,これまで現場見学やキャリア教育等でも協力を頂いており,高専の教育方針である実践的技術者の育成に貢献して頂いています.

ぴょんぴょん板紹介パネル

2021-05-28 【3C】学生の継続的な地域活動が多くのメディアに取り上げられました

本学科3年生の水野竣木さんは名古屋航空少年団における活動を継続的に実施しており,現在,岐阜県航空少年団の復活に向け取り組みを進めています.岐阜県航空少年団は半世紀ほど前に結成されましたが,その後,活動が実施されなくなり団も無くなっていました.水野さんの貢献もあって,近く「名古屋航空少年団岐阜支部」が正式に結成され復活する予定となっています.岐阜県は航空産業が盛んなこともあり地域活性化への貢献も大いに期待できることころです.この取り組みが,中日新聞(5月28日,岐阜・近郊版),ケーブルテレビCCN(4月20日)など,多くのマスメディアで取り上げられています.
※航空少年団:一般社団法人空港振興・環境整備支援機構に本部があり,航空をテーマとした人間力を高める青少年教育活動を基盤に,航空に関わる講習・研究会,紙飛行の制作,施設見学,広報活動などを行う団体です.現在,活動中の航空少年団は全国に13団体です.

2021-05-19 【卒業生】2021春 岐阜高専卒業生 叙勲 第六号,第七号

岐阜高専土木工学科(現環境都市工学科)4期生の高木正幸氏(大垣市出身)と溝口正信氏(岐阜市出身)がこの春の叙勲において瑞宝双光章の栄に浴されました.
高木正幸氏(写真左)は,S46(1971)年卒業と同時に建設省(現国土交通省)に入省,2001年に中部地方整備局東海幹線道路調査事務所長,2004年には道路情報管理官,2007年に地方事業評価管理官など要職を歴任し,新東名・名神高速や名古屋環状2号線など中部圏の骨格を成す幹線道路ネットワークの整備や道路防災など主に道路行政に携わられました.また,1998年には大垣市技監(出向)として地方行政の立場から東海環状自動車道や徳山ダムなど岐阜県内の主要プロジェクトの進展にも尽力されました.
溝口正信氏(写真右)は,S46(1971)年卒業と同時に建設省(現国土交通省)に入省,1999年に天竜川ダム統合管理事務所長,2002年に河川部広域水管理官,2005年に企画部情報通信技術調整官など要職を歴任し,中部地方整備局や北陸地方整備局管内における治水や利水・渇水対策,水資源開発,海岸砂防など主に河川行政に携わられました.その中で岐阜県内の水管理に関わる主要プロジェクトである長良川河口堰の本格運用や徳山ダムの事業計画改定,小里川ダム建設などにも尽力されました.
お二人ともに,この度,その長年のご功績が認められ,めでたく国土交通行政事務功労により受賞されました.誠におめでとうございます.

2021-04-08 【1C,1Y】本科入学式および専攻科入学式が挙行されました.

2021年度新入生として,環境都市工学科に42名が入学しました.また,専攻科にはC科系として3名が入学しました.入学された皆さん,おめでとうございます.これからの学生生活をC科教職員一丸となって支えていきます.どうぞよろしくお願いします.

2021-03-25 【2Y】宮下さんが土木学会土木教育賞を受賞

専攻科2年生の宮下侑莉華さん(指導教員:菊准教授)が土木学会土木教育賞を受賞しました.この賞は,土木学会が全国の高等専門学校,短期大学,専門学校で土木工学などを学ぶ学生の表彰を行うものです.本学科では2年連続受賞となりました.

2021-03-19 【5C,2Y】卒業証書ならびに修了証書授与式が挙行されました.

晴れ渡る青空の下,5年生44名が卒業,C系専攻科生2名が修了しました.2020年度は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため,思い通りの学生生活とはならず,大変なことも多い年でした.そのような中でも,柔軟に対応し,乗り切った皆さんには,社会で生き延びていく力が備わっています.それぞれのフィールドで活躍されることをC科教職員一同,祈念しています.ご卒業,ご修了,おめでとうございます!!!

2021-01-26 【1C,4C】建設技術士有志会によるキャリア支援講座を開催しました.

建設技術士有志会の皆様による,在学生のためのキャリア支援講座が開催されました.
建設技術士有志会とは,岐阜高専土木工学科・環境都市工学科の卒業生有志で構成し,母校の技術支援等に寄与することを主な目的として設立・運営されているものです.
1年生と4年生向けに,卒業生の皆さまがそれぞれの業界についてご講演下さりました.環境都市工学科を卒業した後には,多種多様な進路があることを知ることができました.
講演後には,4年生と卒業生の皆さまによる交流会を開催しました.
先輩から様々な助言をいただき,これから就職活動が本格的に始まる4年生にとって,大変参考になる交流会となりました.

2021-01-20 【4C】測量士補試験に2名が合格!

今年度の測量士補試験に2名が合格しました.
測量士補は,本学科を卒業すれば申請資格を得ます.そのため,測量士補試験を受ける学生はこれまでほとんどいませんでした.
今年度,久しぶりに測量士補試験に挑戦する学生が出て,見事,4年生2名が合格しました.おめでとうございます!
本学科では,環境都市工学に関する様々な資格の取得を推奨しており,案内しています.これからも資格取得に向けて更なる支援をしていきます!

2021-01-08 【4C】卒業4年目の先輩卒業生とオンライン形式で交流しました.

いよいよ進路選択が目前に迫った4年生に向けて,卒業から4年経った先輩卒業生が交流会を開催してくださいました.
座談会の開催を計画していましたが,新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため,急遽オンライン配信となってしまいました.
それでも,卒業生の皆さまは快くオンライン交流会にご参加下さりました.
参加民間企業に就職した方,公務員になった方,進学した方と様々な進路を辿った先輩方から率直なお話を伺うことができ,4年生にとって貴重な機会となりました.

2020-12-24 【3C】3C授業にて岐阜県の建設技術者と交流をしました.

環境都市工学科では,3年生の基礎実験Iの時間に,新しいキャリア教育を考案・導入しています.例年,岐阜県主催のオール岐阜・企業フェスに参加していますが,今年度は新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため,参加を控えました.
代わりに,岐阜県のご協力の下,学校に岐阜県の建設技術者をお招きし,交流サロンを実施しました.
交流サロンの質疑応答は活発で,進行を務めていただいた岐阜県職員の方から高専生の質問内容に好評をいただきました.

2020-12-19 【3C,4C,5C】技術士第一次試験に32名が合格!

本年度の技術者第一次試験(建設部門)に,3年生25名,4年生4名,5年生3名の計32名が合格しました!
合格した皆さん,おめでとうございます!
これまでの合格者を合わせると,5年生は26名,4年生は32名,3年生は27名が技術士第一次試験に合格しています!

2020-12-15 【1C】1C授業にて建設現場からオンライン中継!

例年,1年生の授業・シビルエンジニアリング入門では,環境都市工学について実体験を通じて知るために,たくさんの現場を見学します.しかし,今年度は,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため,現場見学ができていません.
このよう中,本校OBの岐阜県庁職員の方々が,橋梁仮設現場の様子をオンラインで配信してくださいました.
現場で働く方たちに,カメラ越しに質問するなど,例年は味わえない貴重な体験ができました.

2020-08-19 【卒業生】瀬戸大橋工事誌,活用を

岐阜高専環境都市工学科(旧土木工学科)を卒業後,本州四国連絡橋公団(現本州四国連絡高速道路)へ就職し,活躍した伊藤豊秋氏(14期生)が,母校へ瀬戸大橋工事誌,大鳴門橋工事誌,因島大橋工事誌,関西空港連絡橋工事誌など貴重な工事誌等の製本版を寄贈くださいました.
また,贈呈式の模様が岐阜新聞に掲載されました.掲載された記事はこちらをご覧ください.

2020-06-01 【卒業生】2020春 岐阜高専卒業生 叙勲 第五号

岐阜高専土木工学科(現環境都市工学科)3期生の山田泰三氏がこの春の叙勲において瑞宝双光章の栄に浴されました.山田泰三氏はS45(1970)年卒業と同時に建設省(現国土交通省)に入省,中部地方整備局小里川ダム工事事務所長(2001)や技術開発調整官(2003),地方事業評価管理官(2005)などの要職を長きにわたり務められ,その中で岐阜県関係では長良川河口堰の本格運用,徳山ダムや小里川ダムの建設着工・竣工など主要プロジェクトの進展に尽力されました.
この度,その長年のご功績が認められ,めでたく国土交通行政事務功労により受賞されました.誠におめでとうございます.

2020-05-01 【1Y,卒業生】当時本科5年生の3名が土木学会中部支部優秀講演者賞を受賞!

令和元年度土木学会中部支部研究発表会にて,当時本科5年生だった井上雄太君(現・1Y,指導教員:菊准教授),河村将和君(現・1Y,指導教員:角野准教授),堀綾那さん(指導教員:菊准教授)が優秀講演者賞を受賞しました.
この賞は,36歳未満の優れた研究成果を発表した将来性のある学生や若手の技術者・研究者に対して表彰するものです.
なお,令和元年度土木学会中部支部研究発表会は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,発表会が中止され,紙面審査での受賞となりました.

2020-04-17 【OB】角野教員の共同研究先の博士課程学生が水環境学会の博士研究奨励賞(オルガノ賞)を受賞しました.

長岡技術科学大学の博士課程で学んでいた段下剛志さんが水環境学会の博士研究奨励賞(オルガノ賞)を受賞しました.この研究には角野教員が共同で参画していました.段下さんは,角野研究室で専攻科を修了し,長岡岐大で博士課程修了,現在は徳山高専で教員として勤めています.紹介ページ

2020-03-19 【5C,2Y】5年生が卒業,専攻科生が修了しました.

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため,令和元年度の卒業式および修了式は中止となりました.卒業生並びに修了生の門出を式典の形でお祝いできなかったことは,非常に残念です.しかしながら,卒業生と修了生の門出を祝う気持ちに変わりはありません.5年生39名の皆さん,ご卒業おめでとうございます.専攻科生4名の皆さん,ご修了おめでとうございます.学科教職員一同,皆さんの新天地でのご活躍を心より祈念いたします.

2020-03-17 【2Y】長屋さんが土木学会土木教育賞を受賞

専攻科2年生の長屋佑美さん(指導教員:菊准教授)が土木学会土木教育賞を受賞しました.この賞は,土木学会が全国の高等専門学校,短期大学,専門学校で土木工学などを学ぶ学生の表彰を行うものです.

2019-12-19 【2C,3C,4C,5C】技術士第一次試験に32名が合格しました.

令和元年度の技術士第一次試験試験に2年生から5年生までの学生が挑戦し,32名(2年生2名,3年生27名,4年生2名,5年生1名が合格しました.32名の合格者は過去最多です.

2020-02-21 【5C】卒業研究発表会を行いました.

今年度は5C教室にて研究発表会を行いました.緊張感に包まれる中,発表する5年生.厳しい質問にも,ひるまずに答える姿が印象的でした.

2019-12-12 【1年生】授業の一環で岐阜大学インフラミュジアムを見学しました.

本学科1年生の授業(シビルエンジニアリング入門)の一環として,岐阜大学インフラミューアムを見学し,岐阜高専OBの羽田野英明先生(1974年卒業,現 岐阜大学インフラマネジメント技術研究センター客員教授)らから説明を受けました.
トンネル,コンクリート橋,鋼橋,盛土で構成されたこのインフラミュージアムは2017年8月に完成し,シビルエンジニアリング入門の授業で毎年見学させていただいています.特にトンネルのNATM工法は,前週12/5に東海環状自動車道 岐阜山県第一トンネルの工事現場を見学した直後であり,学生たちは興味深く見入っていました.
また,岐阜大学には本校環境都市工学科から編入学した卒業生が5名在籍しており,高専在学中に力を入れること,大学編入学を選択した理由など,たくさんのアドバイスを頂き,貴重な意見交換を行うことができました.
羽田野先生をはじめとして,岩田隆弘様(2015卒),岩崎大地様(2018卒),土井創史様・脇田裕里様(2019卒)の本校卒業生には今回のように貴重な時間を提供していただき,深謝いたします.また,卒業後も頑張っている様子を見られ安心し,また心強く感じました.ありがとうございました.
なお,本件については,岐阜大学新技術地域実装支援のWebサイトにも掲載されています.

2019-12-08 【1Y,2Y】デザコン創造部門にて優秀賞を受賞

専攻科の特別実験と本科5年の総合実験にて,デザコン・創造部門の課題に取り組み,作品を出品しました.予選の結果,専攻科生の1組と5年生の1組が見事,本選に進出しました.
12月7日~8日に釧路で行われた本選では,「”Life” saver 川の家」をテーマにした1Y宮下さん・2Y長屋さんが見事優秀賞を受賞しました.

2019-11-12 【3年生】キャリア教育(基礎実験I)の一環として,オール岐阜・企業フェスに参加しました.

企業の紹介や説明を受けました.これに加えて,職業のことや人生設計についての質問をインタビューして,能動的なフェスへの参加となりました.また,岐阜県の協力を元に交流サロンにも参加し,環境都市工学の分野の実務に対して理解を深めました.

2019-11-06 【3年生】研修旅行で名古屋港を見学しました.

3年生の研修旅行として,名古屋港へ行ってきました.名古屋港の重要性や港湾整備の仕事について,卒業生の方からお話を伺いました.
岸壁の撤去工事を見学し,これまでとは一味違う,海での工事を目の当たりにしました.

2019-11-05~07 【4年生】研修旅行で,宮城県と福島県に行ってきました.

2011年に発生した東北大震災の爪痕を現場で再確認しました.そこで近い将来,環境都市工学の分野に就業するにあたり,責任感,倫理感および使命感を体験的に学びました.
なお,福島県にはハワイもありましたので,高専祭の慰労と中間試験に向けて鋭気を養いました.

2019-11-03 【卒業生】2019秋 岐阜高専卒業生 叙勲 第四号

岐阜高専土木工学科(現環境都市工学科)3期生の永田哲郎氏がこの秋の叙勲において瑞宝双光章の栄に浴されました.永田哲郎氏はS45年卒業と同時に建設省(現国土交通省)に入省,中部地方整備局技術調整管理官や浜松河川国道事務所長などの要職を長きに亘り務められ,また,岐阜国道事務所長時には現在県内で整備が進む東海環状自動車道の進展に尽力されるなど長年のご功績が認められ,この度,めでたく国土交通行政事務功労により受賞されました.誠におめでとうございます.

2019-10-26~27 【4年生】高専祭専門展へ来場頂き有難うございました.お陰さまで一般来場者部門とプレゼンテーション部門の2冠を獲得しました.

専門展のテーマは「新時代の防災」でした.学生は,数ヶ月に渉り,準備してきました.来場者の方には,このテーマや環境都市工学科の内容が少なからず伝わったと思います.学生には,新時代に自分が働く姿が見えたかもしれません.

2019-10-16 【5年生】「土木技術者と学生の交流会」に参加しました.

5Cの学生が建設技術フェア(吹上ホール)で開催された「土木技術者と学生の交流会」に参加しました.
交流会では,地域の魅力ある土木構造物をカルタで伝える「土木魅力カルタ」(学生が事前課題として作成)を使って,東海地区6大学と岐阜高専の学生による120名規模の大カルタ大会を実施しました.
札獲得上位3名に岐阜高専の学生が2名(春日井君,シャミン君)も選ばれました.さらに,デザインがすぐれたカルタを作成した学生に送られるグッドデザイン賞(10名)に大倉野君,宮﨑君,長澤君,熱意を感じるカルタを作成した学生に送られる情熱賞(5名)に木塚君,藤垣君が選ばれ,表彰されました.

2019-09-05 【専攻科生】専攻科生3名が土木学会全国で発表しました.

香川大学で開催された土木学会全国大会にて,専攻科2年の中神君(和田研究室)と長屋さん(菊研究室),専攻科1年の宮下さん(菊研究室)が発表しました.

2019-08-31 C科の公開講座を実施しました.

当初は「モトスの地上絵を描こう」を予定していたのですが,当日はグラウンドの状態が悪かったため急遽内容を変更しました.当日は,7組の小中学生と保護者の方々(総勢20名)にご参加いただきました.講座では,ハンディGNSS受信機を頼りに,高専の敷地内に散らばったキーワードを探して持ち寄っていただき,1つの文章を完成させました.また,ドローンによる地図作りについても紹介しました.

2019-06-22 【卒業生】浦崎幹八郎君が在学中に投稿した論文が国際誌に掲載されました.

浦崎幹八郎君(現,東北大院)が,卒業研究から特別研究の研究成果をまとめた論文を国際誌に第一著者として専攻科2年の2018年12月に投稿しました.審査の結果,この論文がアクセプトとなり,Journal of Environmental Science and Health, Part Aに掲載されました.

2019-05-27 【4C】コンクリートはりの破壊実験を見学しました.

本科4年生授業(基礎実験Ⅱ)の一環として,(株)安部日鋼工業岐阜工場にてプレストレストコンクリートはり(PCはり),鉄筋コンクリートはり(RCはり)の破壊実験を見学しました.RCはりは曲げ破壊とせん断破壊,PCはりは曲げ破壊しました.
同じ寸法のはりなのに,それぞれのはりの破壊性状が異なり,特にPCはりは発生したひび割れが荷重をゼロにすると閉じてしまうことやひび割れが発生する荷重がRCはりに比べて大きいことなど興味深い現象を体験しました.

2019-05-15 【5C】橋梁の点検・調査を実習しました.

本学科5年生が「交通工学」の授業の一環として,橋梁の点検・調査の体験を実施しました.瑞穂市内を流れる五六川に架かる国道21号線の橋梁を実際に点検しました.当日は,本校環境都市工学科の卒業生から直接,点検業務を指導いただきました.これから社会基盤の老朽化が急速に進む中で,学生は維持管理の重要さを学習しました.

2019-05-09 【2Y】中神陽介君が平成30年度土木学会中部支部優秀研究発表賞(第II部門)を受賞しました.

専攻科2年次の中神陽介君(指導教員 和田 清教授)が,2019年3月1日に愛知工業大学で開催された土木学会中部支部研究発表会において,優秀研究発表賞(第II部門)を受賞しました.専攻科特別研究の成果発表が評価されたものです.堤防越流による局所洗掘量を低減するブロックマット工法の開発において,他工法との比較検討を行い,水理模型実験により本工法の有効性を定量的に明らかにしました.この賞は,36歳未満の優れた研究成果を発表した将来性のある学生や若手の技術者・研究者に対して各分野1名を表彰するもので,第II部門(水理)では80件の発表がありました。.

2019-04-26 【5C】授業の一環で地元企業を見学しました.

本学科5年生授業(循環型社会形成論:必修科目)の一環として,地下水利用のヒートポンプシステム,屋上に太陽光パネルを敷き詰めた西濃建設(株)の新社屋,屋上の太陽光発電により会社の全電力をまかない売電している(株)東洋スタビを見学し,説明を受けました.
また,永年にわたり,社内の見学等を通して,本校学生への多大なる教育支援をいただきました両社に感謝状を贈呈しました.

2019-03-19 【5C,2Y】第52回卒業証書授与式・第23回専攻科修了証書授与式が挙行されました.

本科5年生38名が卒業,環境都市工学科出身の専攻科2年生3名が修了しました.

2019-03-01 【5C,1Y,2Y】土木学会中部支部研究発表会で発表しました.

本科5年生5名,専攻科1年生4名,専攻科2年生3名が,愛知工業大学で開催された平成30年度土木学会中部支部研究発表会にて発表しました.

2019-02-22 【5C】卒業研究発表会を行いました.

本科5年生が1年間の卒業研究の成果を発表しました.

2018-12-13 【4C】キャリア支援教育を実施しました.

5本学科4年生を対象としたキャリア支援教育(協力:岐阜高専建設技術士有志会)を12月13日に実施しました.国や県などの官公庁や民間企業で働いている本校の卒業生を講師としてお招きし,講演および懇談会を実施しました.学生は自分の職業観やキャリア形成について考えました.

2018-12-04 【5C】授業の一環で愛知用水施設を見学

5年生が「水資源工学」の授業の一環として水資源機構が管理している愛知用水の施設を見学しました.開水路,水管橋,水位自動制御ゲート,東郷調整池(愛知池),小水力発電,総合管理所など様々な施設を見学し,水管理について学びました.
愛知用水は,岐阜県八百津町から知多半島南端までの100㎞以上を水路でつなぎ,農業・工業・水道用の水を供給する施設です.
学生は,水資源の利用に関する歴史,重要度,親近感,その規模の大きさを体験的に学びました.

2018-11-30 【5C】授業の一環で鉄嶺トンネル1期工事を見学

5年生が「建設マネジメント」の授業の一環として揖斐川町西横山で工事中の鉄嶺トンネルを見学しました.現場は横山ダムのすぐ隣にあります.全長2.4kmのうち約400m掘削されており,切羽近くまで見学しました.山岳トンネル工法の標準的な施工方法であるNATM工法について説明を受けました.

2018-11-16 【4C】オール岐阜・企業フェスに参加しました.

本学科4年生が11月16日に岐阜メモリアルセンターで開催された「オール岐阜・企業フェス」に参加しました.建設会社や建設コンサルタントの方々との座談会もあり,学生は岐阜県内には優良な企業がたくさんあることを知りました.また,将来,地元のまちづくりや防災対策に高専で学んだ知識や技術を活かすことができることも発見し,進路選択に幅が広がりました.

2018-11-12 【教職員】山川技術職員が土木学会第73回年次学術講演会優秀講演者として表彰されました.

山川技術職員が土木学会平成30年度全国大会第73回年次学術講演会において,優秀講演者として表彰されました.

2018-11-12 【3C】社会基盤メンテナンスサポーターフォローアップ研修会を開催

3年生が社会基盤メンテナンスサポータのフォローアップ研修会に参加しました.岐阜土木事務所の方のお話の後,実際に橋梁の簡易点検と道路の点検を行いました.

2018-11-11 【5C】デザコン創造部門にて審査員特別賞を受賞

5年生の前期・総合実験の時間に,デザコン・創造部門の課題に取り組み,作品を出品しました.また,卒業研究の一環で,4Cと5Aのペアも作品を出品しました.予選の結果,授業で取り組んだ7班のうち2班と,4C・5Aのペアが見事本選に進出しました.
11月10日~11日に釧路で行われた本選では,「福祉×農園~園児と高齢者の楽しい農業~」をテーマにした5C宮下さん・加藤さん・汲田さん・馬場さん・脇田さんが見事審査員特別賞を受賞しました.

2018-11-09 【1C】授業の一環でインフラミュージアムを見学

本学科1年生が授業の一環として,岐阜大学のインフラミュージアムを見学しました. 施設設計にかかわったというOBも含め高専OBの方々から,PC橋,鋼橋,トンネルの構造物モデルについて説明を受けました.また,学生時代の進路や学習に関して意見交換を行いました.

2018-11-07 【3C】研修旅行にて川越火力発電所を見学

3年生が研修旅行に行きました.見学先は三重県川越町の川越火力発電所です.見学後はナガシマスパーランドへ行きました.

2018-11-06 【4C】研修旅行で様々な橋を見学しました.

本学科4年生が11月6日より3泊4日の行程で研修旅行に行ってきました.初日は明石海峡大橋~大鳴門橋~瀬戸大橋と巨大橋梁を制覇し,二日目はしまなみ街道をクラス全員でサイクリング,三日目は関門海峡人道トンネルと門司港レトロ地区の散策,最終日は大分県の九重夢つり大橋を見学しました.

2018-11-13 【卒業生】2018秋 岐阜高専卒業生 叙勲 第三号

岐阜高専土木工学科(現環境都市工学科)2期生の北野和基氏がこの秋に瑞宝双光章を受賞されました.北野和基氏は卒業と同時に建設省(現国土交通省)に入省,愛知国道工事事務所長時代には,東海環状自動車道や名古屋二環の整備に携わる等,主に道路行政に従事し,中部地方整備局地方事業評価管理官時代には徳山ダムの事業評価にも携わり,この度,めでたく国土交通行政事務功労により同章を受賞されました.

2018-11-01 【5C】授業の一環で碧南火力発電所を見学

5年生が授業「エネルギー工学」の一環で,碧南火力発電所を見学しました.へきなんたんトピア電力館で説明を受けたのち,普段は立ち入ることのできない場所をインフラ設備とその運転・維持管理という視点で見学させていただきました.

2018-10-27 【4C】高専祭専門展で校長賞(プレゼン部門,技術部門)を受賞!

10月27~28日に開催された高専祭の専門展にて,4年生が「地震から命を守る!」をテーマに来場者の方にプレゼンテーションを行いました.夏休みからの2ヶ月間,クラス一丸となって製作活動とプレゼンを練習してきました.全員が頑張ったおかげで,校長賞(プレゼンテーション部門,技術部門)を受賞し,総合1位を獲得しました!なおプレゼン部門は,C科は現在4連覇中です!

2018-10-23 【5C】授業の一環で徳山ダムと横山ダムを見学

5年生が授業「水資源工学」の一環で,徳山ダムと横山ダムを見学しました.普段は立ち入ることのできない場所を見学させていただきました.ダムカードをもらって一番喜んでいるのは,引率教員でした(※横山ダムは3枚目).

2018-10-21 公開講座「モトスの地上絵をかこう」を開催しました

菊・山川・長屋(専攻科1年生)の3名で,公開講座を開催しました.9名の児童・生徒さん,そして保護者の方にご参加いただきました.
今年度は,最新の測量技術によってモトスに地上絵をかこうと題し,GNSS受信機を頼りに座標を探していただき,座標間を結ぶことでグラウンドに大きな絵をかきました.なんの絵なのか,参加者の皆さんには秘密.正解発表&実際に書いた絵との比較を公開した際は「おおー」といった声が上がりました.
C科の専門性の特徴として,多くの人で協力し合い,大きなものを作り上げるというものがあります.今回の講座も同じように,1つの絵を協力し合って作り上げることができました.

2018-10-12 【1C】1年生が「最高の未来に至った鍵」を考える授業を受けました

本学科のキャリア教育支援の一環として,プロのファシリテーター(水谷香織先生:パブリック・ハーツ(株)代表取締役)から,1年生が市民参加型の社会基盤整備の基本的な考え方とコミュニケーション技術を学びました.
お題は「宇宙からの処分品2」.本校は全ての授業でアクティブラーニングを導入していますが,その代表ともいえる授業でした.
事例紹介などの講義を受けた後,6人グループでラベルワーク,そして2分間で究極の発表です.毎年,水谷先生をお招きし,合意形成に関して講義と演習を御願いしていますが,今回は本校で初めての未来志向(Backcasting)型の演習となりました.
彼ら,彼女らは5年後にはきっと社会人としての資質を身につけて卒業を迎えることでしょう

2018-10-06 【5C】三宅咲良さんがBest Idea Design Awardを受賞

環境都市工学科5年生の三宅咲良さんが,平成30年10月5~6日に開催された3rd International Conference of "Science of Technology Innovation" 2018(国際会議3rd STI-Gigaku)のワークショップ(地域課題のデザイン~産業振興~)に参加しました.三宅さんを含む4名のチームが,"Best Idea Design Award" を受賞しました.
また,角野研究室に所属する三宅咲良さん,大平晃基さん,馬場祐花さんは,研究内容をスピーチとポスターによって発表しました.

2018-09-28 【1Y】長屋佑美さんが土木学会情報学シンポジウム優秀発表賞を受賞

専攻科1年生の長屋佑美さん(菊研究室所属)が,第43回土木情報学シンポジウムにおいて,優秀発表賞を受賞しました.
発表題目は,「UAV-SfM/MVS測量における構造物の再現性向上のための最適条件の検討」です.
本研究は,近年,実務に適用されつつあるUAVを用いた測量において,建物の再現性を高める方法について検討したものです.
本賞は,シンポジウムにおける講演の中から,特に優れた発表を行った学生を選び授与されるもので,大学生や大学院生が多い中での受賞となりました.

2018-09-27 【2C】新日鐵住金名古屋製鐵所を見学し,感謝状を贈呈させていただきました.

本学科2年生授業(基礎材料学)の一環として,9/27に新日鐵住金(株)名古屋製鐵所で工場見学をしました.本見学も今年度で7年目を迎え,本校学生への多大なる教育支援をいただきました名古屋製鉄所様に感謝状を贈呈しました.

2018-09-05 原子力関連施設を見学

岐阜高専における学科横断的原子力教育の実践として,六ヶ所村の原子力関連施設を見学しました.C科からは,5年生の学生6名が参加し,2名の教員が引率しました.詳細は下記報告書をご覧ください.

報告書

2018-06-14 【2C】基礎材料学で岐阜アスコン様のプラントを見学&感謝状を贈呈

2C基礎材料学で岐阜アスコン様のプラントを見学しました.また,プラント見学で毎年お世話になっている(株)パストール様ならびに(株)市川工務店様に対し,永年のご功績を称え本校より感謝状を贈呈しました.

2018-05-27 【4C,5C】平成30年度木曽三川連合総合水防演習・広域連携防災訓練に参加

長良川河川敷にて国土交通省,岐阜県などが主催する水防演習に学生18名が参加しました.水防団の方々に教えていただきながら,堤防の漏水防止対策のための「月の輪工」を実施しました.

2018-05-23 【卒業生】2018春 岐阜高専卒業生 叙勲 第二号

岐阜高専土木工学科(現環境都市工学科)2期生の國枝重一氏がこの春に瑞宝双光章を受賞されました.國枝氏は卒業と同時に建設省(現国土交通省)に入省,北陸および中部地方整備局管内の河川,ダム,海岸などに係わる行政に携わり,この度,めでたく国土交通行政事務功労により同章を受賞されました.

2018-05-19 【3C】3年生の学生が陸上競技東海インターハイへの出場権を獲得しました.

本学科3年生の佐藤夕貴さん(島中学校出身)が岐阜メモリアルセンターで開催された陸上競技インターハイ岐阜県大会にて,女子800mで6位に入賞し,6/15~17に三重県伊勢市で開催される東海インターハイへの出場権を獲得しました.
東海インターハイで6位に入ると,8月に同じ三重県伊勢市で開催されるインターハイへの出場権を獲得できます.
佐藤さんは,「県予選では昨年出したベスト記録に及ばず悔しい6位でした.東海大会は,昨年の6月の東海インターハイ,10月の東海新人大会に続く3回目の出場.これから練習に励みベストの状態で東海大会を戦いたい.インターイ出場にかけてみたい.」とにこやかに話してくれました.頑張れ!!

2018-05-15 【3C】球技大会で3Cが総合優勝しました.

球技大会が開催され,3Cが見事総合優勝を果たしました.

2018-05-10 【2Y】浦崎幹八郎君が平成29年度土木学会中部支部優秀研究発表賞(第VII部門)を受賞しました.

専攻科2年生の浦崎幹八郎君(角野研究室所属)が,平成29年度土木学会中部支部研究発表会において,優秀研究発表賞を受賞しました.
発表題目は,「硫酸塩を含む電子産業排水の嫌気性処理の適用性と有機物分解過程の調査」です.
本研究は,国立環境研究所と長岡技術科学大学との連携によって遂行され,実務的にも学術的にも有用な知見を収集しました.加えて,浦崎君の見事なプレゼンテーションが相乗し,受賞に至ったと思われます.
本賞は,平成29年度土木学会中部支部研究発表会で発表されたものの中から,優れた研究成果を発表した将来性のある学生や若手の技術者・研究者を分野ごとに1名表彰するもので,浦崎君が受賞した第VII部門(環境分野)では,24件の発表がありました.

2018-05-09 【5C】5年生が東海環状の建設現場を見学しました.

本学科5年生授業(交通工学:選択科目)の一環として,現在建設中の東海環状東深瀬4号高架橋鋼上部工事および東海環状大野神戸IC北道路建設工事を見学しました.
東深瀬4号高架橋鋼上部工事では360t吊りクレーンを用いた珍しい工事の様子を施主の日本車輌製造株式会社様から説明を受けました.また,大野神戸IC北道路建設工事では施主の三建産業株式会様のご厚意により,ICT対応重機の運転席を見せていただき,学校で学んでいることと建設業の進歩とのギャップに驚きました.
見学を準備していただいた国土交通省中部地方整備局岐阜国道事務所の方からは東海環状自動車道全体の説明を受け,またバスの中では岐阜高専OBの方の貴重なお話を聞くことができました.

2018-04-20 【教職員】吉村教員が地盤工学会功労章を受賞しました.

多年にわたり学会の運営と発展に貢献したとして,公益社団法人地盤工学会から地盤工学会功労章が贈呈されました.

2018-03-20 【5C,2Y】第51回卒業証書授与式・第22回専攻科修了証書授与式が挙行されました.

本科5年生40名が卒業,環境都市工学科出身の専攻科2年生4名が修了しました.

2018-03-02 【5C,1Y,2Y】土木学会中部支部研究発表会にて発表しました.

本科5年生,専攻科1・2年生および本科教職員が,名古屋大学で開催された平成29年度土木学会中部支部研究発表会にて発表しました.普段とは違う雰囲気の中で発表し,外部の方からの質問に答えました.

2018-02-23 【5C】卒業研究発表会を行いました.

本科5年生が1年間の卒業研究の成果を発表しました.緊張感漂う中,全員しっかりと発表および質疑・応答をしました.

2017-12-15 【4C】建設技術士有志会キャリア教育を開催しました.

本学科4年生のキャリア教育の一環として,卒業生の方にお越しいただき,就職後の現状などをご講演いただきました.

2017-12-14 【5C】浜岡原子力発電所を見学しました.

本学科5年生が授業(エネルギー工学)の一環として,浜岡原子力発電所を見学しました.取水塔,防波壁,燃料プール,中央制御室等をまわり,東北地方太平洋沖地震後の新規制基準への対応を見ました.

2017-12-08 【1C】建設中の名神高速道安八スマートICを見学しました.

本学科1年生授業(シビルエンジニアリング入門)の一環として,現在建設中の名神高速道安八スマートICを見学しました.
11月17日には建設中の東海環状自動車道武儀川橋を見学し,地上から10mの空中散策を経験していますが,今度は,名神高速道路に建設中の安八スマートインターチェンジの様子を間近で見ることができました.
総工事費約50億円,これは1C43人分の生涯賃金の合計に匹敵します.名神高速道路跨道は5月16日20:00~翌朝3:00の一晩で架け,その様子をビデオで見ました.また,昭和51年9に台風17号による豪雨のため長良川堤防が決壊し,大きな被害を受けたことからは,IC取り付け部は水を通すことのできるボックスカルバート,軟弱地盤上に盛土をするEPS(発泡スチロール)もスリット式で浸水時の浮き上がり防止に配慮されていました.この発泡スチロールは1m3あたり3万円で,寮生の○○君の半年分のお小遣いであることを知り,歓声が上がりました.
また,説明は岐阜高専OB(岐阜高専→長岡技術科学大学→岐阜県庁(現在,安八町へ出向中))から,学生時代にやっておいた方がよいことなど,貴重な話を聞くことができました.
(私たちは,たくさんの現場見学に出かけますが,このように決して遊んでいるのではなく勉強してきています.鬼のようなレポート課題も出ます.この見学で,3通めのレポート課題が出されました.)
安八町,(株)森組,NEXCO中日本の方に丁寧に説明していただき,大変勉強になりました. ありがとうございました.

2017-12-03 【5C】第14回全国高等専門学校デザインコンペティション 創造デザイン部門において審査員特別賞を受賞しました.

2017年12月2・3日に,じゅうろくプラザで開催された第14回全国高等専門学校デザインコンペティションにおいて,5年生の・相﨑結衣さん,木村大地さん,杉山菜々子さんの3名が応募した,『地域住民が運営するコミュニティカフェ―本巣市北部地域を対象として―』が,創造デザイン部門においてみごと審査員特別賞を受賞しました.環境都市工学科から創造デザイン部門への応募は今回が初めてであり,初出場にて初入賞に輝きました.
今年のテーマ:地産地“興”(ちさんちきょう)に対して,地元の「モーニング」文化を取り上げ,本校が採択されている「文部科学省大学教育再生加速プログラム(AP)」の実践技術者単位を見事に活用しての受賞でした.
審査員からは,「食に関わる岐阜県民性を背景としているものの個々のプロジェクト自体は斬新さには欠ける。しかし、高専および高専生が主体となって進める姿勢が特筆している。岐阜高専実践技術者単位認定と連携させたり、地元自治体の小さな助成金利用など実現化に向けた様々な提案が盛り込まれている点は評価できる。」と評価されました.

2017-11-17 【1C】東海環状自動車道武儀川橋を見学しました.

入本学科1年生授業(シビルエンジニアリング入門)の一環として,現在建設中の東海環状自動車道武儀川橋を見学しました.
入学して,初めての現場見学.ぴかぴかの実習服,ヘルメットも初めてかぶりました.工事中の武儀川橋PC上部工事の橋の上に登り,見学することができました.地上からは10m程度あり,泣き出す学生もいるほど恐かったですが,1時間ほど空中散策を楽しむことができました.武儀川橋PC上部工は既に貫通した三輪トンネルまで繋がっており,開通すれば決して歩くことのできない三輪トンネル内へも入ることができました.
国土交通省中部地方整備局岐阜国道事務所と大成建設(株)の方に丁寧に説明していただき,大変勉強になりました. ありがとうございました.

2017-11-13 【2C,3C】国交省講演会を聴講しました.

本学科2年生と3年生のキャリア教育の一環として,国交省岐阜国道事務所の方から道路の役割や東海環状道のストック効果について講義を受けました.また,公務員という進路に向けて学生時に意識できることについてお話を伺いました.

2017-11-10 【教職員】菊教員が土木学会第72回年次学術講演会優秀講演者として表彰されました.

菊教員が土木学会平成29年度全国大会第72回年次学術講演会において,優秀講演者として表彰されました.受賞した研究の題目は,「LMSを用いた水理実験のための教材開発」です.

2017-11-08 【3C】研修旅行にて四日市港を見学しました.

本学科3年生が研修旅行で四日市港を見学しました.中部地方整備局四日市港湾事務所で勤務されている本学科OBから港湾整備の仕事についてお話を伺うとともに,建設中の霞4号幹線道路の現場見学をしました.

2017-10-05 【3C】東海環状自動車山県市内の工事現場で見学&測量体験をしました.

本学科3年生が授業(測量実習)の一環として,東海環状自動車山県市東深瀬地内の工事現場で見学&測量体験を実施しました.
国土交通省中部地方整備局岐阜国道事務所の本学科OBに工事概要について説明を受け,(株)杉山建設の技術者の方々の協力により,測量・丁張り体験学習プログラムを実施しました.(株)小松製作所の協力により重機体験もできました.

2017-09-28 【2C】東海環状杭瀬川橋を見学しました.

本学科2年生授業(基礎材料学)の一環として,新日鐵住金(株)名古屋製鐵所を見学しました.社会基盤整備に欠かせない鉄鋼材料の生産工場を見学しました.広大な製鐵所の中に,道路,鉄道,橋,発電所,港湾施設,水処理施設などがあり,社会基盤のデパートにようでした!
また,高専OBの方から新日鐵住金での業務内容を紹介していただき,本校環境都市工学科からも就職できることを勉強しました.

2017-09-28 【3C,4C】建設ICT講座を実施しました.

国土交通省中部地方整備局,日本建設機械施工協会中部支部により,岐阜県で初めて土木系学生のための建設ICT講座(Information and Communication Technology;情報通信技術)が実施されました.
測量学の授業の一環として本学科の3年生と4年生が参加しました.レーザースキャナの3次元データを使った教室内再現や,UAV(ドローン)による測量の紹介と操縦体験もありました.

2017-09-28 【3C,4C】環境都市工学科と建築学科で合同でセキュリティ講習会を実施しました.

情報セキュリティ人材育成事業の一環として、情報セキュリティ学科講演会を環境都市工学科・建築学科の第3学年・第4学年の4クラス合同で,セキュリティ講習会を実施しました.
昨今,建設業界においても電子入札やIT化が刻々と進んでいることから,国土交通省中部地方整備局から講師をお招きし,建設情報システムとセキュリティについて,実務で配慮すべき事項を勉強しました.

2017-09-25 【3C】東海環状杭瀬川橋を見学しました.

本学科3年生が,現在建設中の東海環状杭瀬川橋を見学しました.架設中の鋼床版の上でトラベラークレーン工法を間近で見学し,また,溶接部の非破壊検査,ボルトのトルク管理など,現物を見ながら鋼構造の基本を学ぶことができました.本見学は国交省中部地方整備局岐阜国道事務所,株式会社横河ブリッジのご協力により実現したものです.

2017-08-05 オープンキャンパスを開催しました.

今年度も,5年生と教職員総出でC科をアピールしました.今年も人気No.1はコンクリート破壊実験でした.

2017-07-10 【3C】ハノイ建設大,マレーシア工科大からの短期留学生と交流しました.

本学科3年生が特別活動の授業において本学の提携校であるハノイ建設大,マレーシア工科大からの短期留学生4人と交流を行いました. 交流会では,短期留学生によるプレゼンがそれぞれ行われ,普段目にしない文化に驚きの声が上がっていました.

2017-07-06 ハノイ建設大,マレーシア工科大からの短期留学生が測量実習に参加しました.

ハノイ建設大学2名,マレーシア工科大学2名の短期留学生が3Cの測量実習に参加しました. 実習では,水準測量(器高式測量)の応用として,縦断勾配上り1%,横断勾配2%,法面勾配1:1の計画道路を建設するための丁張りかけをしました.

2017-06-30 【2C】(株)カンチのアスファルトプラントの見学をしました.

本学科2年生授業(基礎材料学)の一環として,(株)カンチ(市川工務店)のアスファルトプラントの見学をしました.道路工事に使われる舗装材料の生成とそのリサイクルについて実物を見て,触って学ぶとともに,見学後半では,実際に舗装の転圧体験をさせていただき,道路ができる仕組みについて学びました.

2017-06-08 【卒業生】2017春 岐阜高専卒業生 叙勲 第一号

岐阜高専土木工学科(現環境都市工学科)1期生の杉山稔氏がこの春に瑞宝双光章を受賞されました.杉山氏は卒業と同時に建設省(現国土交通省)に入省,安房トンネル建設時の地質調査や名四戸口道の大規模改修などに携わり,この度,めでたく国土度交通行政事務功労により同章を受賞されました.

2017-05-16 【1C】球技大会で1Cが総合優勝しました.

球技大会が開催され,1Cが見事総合優勝を果たしました.各種目の結果は以下の通りです.

ソフト バスケ バレー 卓球 サッカー テニス 大繩 総合
1位 3D 4E 3D 1C 5M 1C 5M 1C
2位 4M 4C 5C 4E 2C 2C 4D 3D
3位 4A 4D 1A 2C 5A 4C 1M 5M

学年別1位:1C,2C,3D,4E,5M

球技大会 球技大会

2017-05-15 【教職員】菊教員が平成28年度土木学会中部支部優秀研究発表賞(第II部門)を受賞しました.

平成29年3月3日に金沢大学で開催された平成28年度土木学会中部支部研究発表会において,菊教員が平成28年度土木学会中部支部優秀研究発表賞を受賞しました.受賞した研究の題目は「UAVによる空撮画像から礫の粒径分布を算定する手法に関する一考察」です.

2017-05-10 【5C】東海環状自動車道武儀川橋(仮称)を見学しました.

本学科5年生授業(交通工学)の一環として,現在建設中の東海環状自動車道武儀川橋(仮称)を見学しました. 国土交通省中部地方整備局岐阜国道事務所の方に計画していただき実現しました.ご案内は豊田高専OB2名,岐阜高専OB1名(女性)にしていただき,特に公務員を希望している学生諸氏には大変参考になりました.

現場見学 現場見学 現場見学

2017-03-31 本学科5年生の浦崎君が土木学会土木教育賞を受賞しました.

本学科5年生の浦崎君が土木学会土木教育賞を受賞しました.この賞は,土木学会が全国の高等専門学校,短期大学,専門学校で土木工学などを学ぶ学生の表彰を行うものです.

受賞

2017-03-17 【5C】卒業証書授与式が挙行されました.

50期生34名が卒業証書を授与されました.

卒業式 卒業式 卒業式

2017-03-03 【5C/1Y】土木学会中部支部研究発表会にて5名が発表しました.

金沢大学で開催された土木学会中部支部研究発表会にて,本科5年生3名,専攻科1年生2名が学外発表を行いました.普段とは違う雰囲気の中,緊張した面持ちで発表する5名でしたが,堂々と発表および質疑応答をしました.

中部支部 中部支部

2017-02-24 【5C】卒業研究審査会を行いました.

1年間行ってきた卒業研究の成果を発表しました.当日は,4年生も聴講しました.

卒研審査会 卒研審査会 卒研審査会

2017-01-19 【1C】土木技術者女性の会中部支部の皆様にご講演いただきました.

本学科1年生授業(シビルエンジニアリング入門)の一環として,11/24に建設中の東海環状自動車道山県トンネルを見学し,16名の女子学生が工事中のトンネルの切羽(きりは)まで入ったこと,トンネル工事の女人禁制の旧習に風穴をあけたのは岐阜高専OGの所靖子氏であることをご紹介しましたが,今回はその所靖子様をはじめとする土木技術者女性の会中部支部の皆様にお越しいただき,ご講演いただきました.
男子学生も一緒に講義を受けましたが,ドボジョの迫力に圧倒されました.

土木技術者女性の会 土木技術者女性の会 土木技術者女性の会

2017-03-31 本学科5年生の浦崎君が国際会議STI-Gigaku 2017で活躍しました.

2017年1月5~7日に長岡技術科学大学で開催された国際会議STI-Gigaku 2017に角野研究室の浦崎幹八郎君が参加しました.この催しでは,基調講演における学生と講師(海外大学教員)とのディスカッション,ポスターによる研究発表およびワークショップにおけるアイデアソンなどに参加しました.
浦崎君は,専攻科生,大学生,大学院生が参加する中で,優秀モデレーター賞(基調講演における講師とのディスカッション),優秀ポスター発表賞(研究発表)の2つを受賞しました.

受賞 受賞 受賞

2016-11-24 【1C】建設中の東海環状自動車道山県トンネルを見学

本学科1年生授業(シビルエンジニアリング入門)の一環として,現在建設中の東海環状自動車道山県トンネルを見学し,なんと16名の女子学生が工事中のトンネルの切羽(きりは)まで入りました.
「女性が入ると、同じ女である山の神が嫉妬して、落盤事故などが起きる」といった迷信・縁起担ぎがあり,女性は工事中のトンネルには入れませんでした.トンネル工事の女人禁制の旧習に風穴をあけたのは岐阜高専OGの所靖子氏です.
建設省(現,国土交通省)愛知国道事務所春日井出張所の技術係長として,1992年3月から建設が進められた国道19号線北山トンネル工事で,女性初のトンネル工事の現場監督を務め,このころから女性が工事中のトンネルへ入れるようになりました.

東海環状自動車道山県トンネル見学 東海環状自動車道山県トンネル見学 東海環状自動車道山県トンネル見学

2016-11-21 【5C】卒業研究中間発表会

卒業研究の中間発表会を開催しました.緊張した面持ちながらも,しっかりと発表をする5年生たち.教員からの鋭い質問にも頑張って答えていました.

中間発表会 中間発表会

2016-11-18 【4C】建設技術士有志会キャリア教育

本学科4年生のキャリア教育の一環として,卒業生の方にお越しいただき,就職後の現状などをご講演いただきました.その後,官公庁志望者と民間企業志望者の二分化会に分かれ,本音トークで就職活動に関する意見交換会を実施しました.

建設技術士有志会キャリア教育 建設技術士有志会キャリア教育 建設技術士有志会キャリア教育

2016-11-17 【1C】CE入門でプロのファシリテーターから合意形成について学ぶ

シビルエンジニアリング入門の時間に,プロのファシリテーター(水谷香織先生:パブリック・ハーツ(株)社長)から合意形成の極意を学びました.お題は「宇宙からの処分品」.本校は全ての授業でアクティブラーニングを導入していますが,その代表ともいえる授業でした.事例紹介などの講義を受けた後,5人グループでラベルワーク,そして1分間で究極の発表.
学生たちの生き生きした授業風景をご覧下さい.彼ら,彼女らは5年後にはきっと社会人としての資質を身につけて卒業を迎えることでしょう.

CE入門 CE入門 CE入門

2016-11-09 【3C】研修旅行にて京都琵琶湖疏水関連施設を見学

本学科3年生が京都琵琶湖疏水関連施設を見学しました.上水道・発電などで明治以来京都を支え続けた疏水を偲ぶ近代遺産として疏水記念館,蹴上インクライン,南禅寺水路閣を巡りました.

3C研修旅行 3C研修旅行

2016-11-08 【4C】研修旅行で4日間北海道めぐり

研修旅行で中部国際空港から新千歳空港へ降り立ち,札幌・小樽・登別・函館をめぐってきました.途中で,小樽港湾を見学するなど,しっかり社会基盤整備について学んできました.

4C研修旅行 4C研修旅行 4C研修旅行

2016-10-13 【1C】授業の一環で入学後初めて現場見学へ

入学後,初めて現場見学に出かけました.ぴかぴかの実習服にポロシャツ,ヘルメットも初めてかぶりました.
岐阜県揖斐土木事務所のOBの方々の説明を聞き,揖斐総合庁舎,国道417号地すべり対策現場,徳山ダム,開通前の新川尻橋・横山トンネル(仮称)などを見学しました.
徳山ダムでは人生初のダムカードをゲットしました.新川尻橋・横山トンネル(仮称)では開通前の橋の上に立ち,私たちの仕事は「地図の残る」ことを実感しました.
写真は,開通前の新川尻橋(仮称)および徳山ダムでの記念写真です.

初めての現場見学 初めての現場見学

2016-09-24 オープンキャンパスを開催

オープンキャンパスを開催しました.本学科は,学生が主体となって,研究や実験・実習の体験コーナーを設けました.当日は多くの中学生や保護者の方にご参加いただきました.このほかの写真および学科アンケートの結果は,こちらをご覧ください.→イベント紹介のページ

オープンキャンパス オープンキャンパス オープンキャンパス

2016-09-23 【2C】授業の一環で現場見学へ

授業の一環で新日鐵住金(株)名古屋製鐵所に見学に行きました

2C現場見学

2016-06-24 【2C】授業の一環で現場見学へ

授授業の一環で(株)カンチ岐阜アスコン(アスファルトプラント)に見学に行きました.

2C現場見学

2016-06-20 【3C】アイオワ大,バンドン工科大からの短期留学生と交流

本学科3年生が特別活動の授業において本学の提携校であるアイオワ大,バンドン工科大からの短期留学生4人と交流を行いました.交流会では,短期留学生,3Cのマレーシア長期留学生,日本学生によるプレゼンがそれぞれ行われ,互いの文化の違い,専攻科目への目的意識等について質問が交わされました.

留学生との交流会

2016-06-10 【5C】新社屋見学会

5年生が授業の一環で,久保田建設(株)の新社屋を見学しました.新社屋は内外両断熱工法とシステム型枠を用いた「ゼロエネルギーオフィス」,さらに「防音性に優れた鉄筋コンクリート造倉庫」であり,照明にはLED,屋根には太陽光パネルが並び,売電できるほどエネルギー効率のよい事務所となっていました.見学会では,イベントとして開催されており,旧徳山村の郷土料理地獄うどんをたらふく食べてきました。

新社屋見学会 新社屋見学会 新社屋見学会

2016-03-18 【5C】卒業式

卒業式が挙行され,40名が旅立ちました.

卒業式 卒業式 卒業式

2016-02-26 【5C】卒業研究発表審査会

本学科5年生の卒業研究発表審査会が行われ,1年間の成果を発表しました.

卒業研究発表審査会 卒業研究発表審査会 卒業研究発表審査会

2016-01-19 【4C】建設技術士有志会キャリア教育

本学科4年生のキャリア教育の一環として,卒業生の方にお越しいただき,就職後の現状などをご講演いただきました.その後,官公庁志望者と民間企業志望者の二分化会に分かれ,本音トークで就職活動に関する意見交換会を実施しました.

建設技術士有志会キャリア教育 建設技術士有志会キャリア教育

2016-01-18 【2C,3C】国交省講演会

本学科2年生と3年生のキャリア教育の一環として,国交省岐阜国道事務所の方から道路の役割や東海環状道のストック効果について講義を受けました.将来自分達が携わる社会資本整備の重要性を学び,土木技術者としての意識向上や将来の進路選択の一助にすることを目的に実施したものです.

国交省講演会 国交省講演会

2015-12-04 【5C】浜岡原子力発電所見学

本学科5年生授業(エネルギー工学)の一環として,浜岡原子力発電所を見学しました.

浜岡原発見学 浜岡原発見学

2015-11-26 【4C】牧田川橋仮設工事見学

中部地整の本校OBに引率いただき,牧田川橋の架設工事を見学しました.

牧田川橋見学

2015-11-20 【5C】卒業研究中間審査

卒業研究の中間審査を行いました.4年生も聴講しました.

中間審査 中間審査

2015-11-10 【3C】研修旅行

本学科3年生が長良川河口堰を見学しました.

3C研修旅行 3C研修旅行

2015-11-10 【4C】研修旅行

本学科4年生が中部国際空港を見学後,九州へ研修旅行に行きました.

4C研修旅行 4C研修旅行

2015-10-20 【5C】徳山ダム見学

本学科5年生授業(エネルギー工学)の一環として,日本最大規模の徳山ダムを見学しました.

徳山ダム見学 徳山ダム見学

2015-10-16 【1C】三輪トンネル見学

本学科1年生授業(シビルエンジニアリング入門)の一環として,現在建設中の三輪トンネルを見学しました.

三輪トンネル見学 三輪トンネル見学

2015-09-03 開発アプリが優秀政策(環境分野)第1位に選定

廣瀬研・岐阜県で共同開発した「岐阜県外来生物情報収集アプリ」が全国知事会「先進政策バンク」で優秀政策(環境分野)第1位に選定されました.
詳細については岐阜県のWebサイト(こちらをクリック.外部ページに飛びます)をご覧ください.

2015-05-25 5年「鋼構造」授業で瀧上工業工場見学会

本学科5年生授業(鋼構造)の一環として瀧上工業株式会社本社工場における鋼橋製作現場見学をしました.

瀧上工業見学会 瀧上工業見学会

2015-01-26 パテントコンテストにて専攻科生の発明が文部科学省科学技術学術政策局長賞を受賞

専攻科生石川君・裁君・塩谷君・玉置君によるパテントコンテストへの応募案が文部科学省科学技術学術・政策局長賞を受賞しました. 表彰式は(独)工業所有権情報・研修館で行われました.また3/1に(独)国立高等専門学校機構理事長表彰の対象となりました.

パテントコンテスト表彰式 パテントコンテスト表彰式 パテントコンテスト表彰式

2014-12-20 学生による地域課題解決提案事業成果報告会でグランプリ受賞

ネットワーク大学コンソーシアム岐阜 平成26年度 学生による地域課題解決提案事業成果報告会が12/20(土)に岐阜経済大学で行われました. 本校の都市工学研究室&コンピュータ倶楽部が発表したテーマ「防災・減災のための岐阜県における災害情報システム開発と地域への啓発」がグランプリを受賞しました.

コンソーシアム岐阜 コンソーシアム岐阜

2014-12-05 岐阜高専テクノシンポ開催

岐阜高専地域連携協力会主催の産官学交流懇談会「テクノシンポジウム2014」が開催されました.本学科の大変位地震動再現試験装置紹介においては 多くの方に足をお運びいただきました.

施設紹介

2014-11-07 4年生,四国へ研修旅行

4年生が1週間に渡り四国へ研修旅行に行ってきました.研修先では,四国地方整備局の協力により須崎港の津波対策事業および四万十川自然再生事業を見学しました. その他,高知市内散策,四万十川下り,足摺岬,別府温泉などを楽しみました.

研修旅行1 研修旅行2 研修旅行3

2014-10-30 4年生授業で東海環状興福地北高架橋PC上部工事見学.

本学科4年生が授業の一環として(基礎実験2),東海環状興福地北高架橋PC上部工事を見学しました. 見学は,(株)安部日鋼工業,国土交通省中部地方整備局の方々の協力により実現しました.

高架橋見学1 高架橋見学2

2014-10-26 高専祭終了.4年専門展で本学科は一般来場者から最多票.

高専祭が終了しました.4年生が発表する専門展では“温故知新”の共通テーマのもと,里山を中心とした展示と発表を行い, 一般来場者投票で1位を獲得しました.

高専祭1 高専祭2 高専祭3

2014-08-07 「オープンキャンパス2014」たくさんのご来場ありがとうございました.

岐阜高専主催の「オープンキャンパス2014」,本学科では5年生による環境都市工学紹介がなされました.

オープンキャンパス1 オープンキャンパス2 オープンキャンパス3

2014-03-01 専攻科2年段下君が土木教育賞受賞

専攻科2年の角野研段下君が土木学会土木教育賞を受賞しました.

土木教育賞受賞

2014-02-25 5年卒業研究発表審査会

本学科5年生の卒業研究発表審査会が行われました.構造・地盤・水理・環境・計画系に渡る11の研究室の学生による この1年の研究成果のプレゼンが行われました.

卒研発表1 卒研発表2

2014-01-17 本学科OB講師による本科3・4年,専攻科生向け講演会

本校環境都市工学科OBの澤田様((株)建設技研インターナショナル)を講師としてお招きし,本科3・4年,専攻科生を対象とした 講演会を開催しました.

学年講演会1 学年講演会2

2013-12-14 青野君と矢田君「学生による地域課題解決提案事業」報告会にてグランプリ受賞

県と県内22の大学等高等教育機関が共同運営するネットワーク大学コンソーシアム岐阜では,学生が地域の課題について研究し, 解決に向けた提案を行う「学生による地域課題解決提案事業」を実施しています. 第3回目となる事業報告会が平成25年12月14日に開催され,県内の大学等から16テーマが報告され成果を競いました. その結果,専攻科1年青野陽明さんと本科5年矢田翔太郎さんが,他大学の学生を見事抑えグランプリを受賞しました.

学生事業報告会1 学生事業報告会2 学生事業報告会3

2013-11-27 本科4年生と豊田高専の学生が合同で名古屋高速道路公社にて講義受講.

本科生4年生と豊田高専の学生が合同で名古屋高速道路公社にて講義を受講しました.本校OBの森琢哉さんのお話しも伺うことができました.

名古屋高速_講義1 名古屋高速_講義2 名古屋高速_講義3

2013-11-22 専攻科2年生豊田君が国際会議ISTS2013(香港)にて発表してきました.

香港IVE Tsing Yi校で開催されたISTS2013にて専攻科2年豊田君(水野和憲研)が 発表してきました.ISTS(International Symposium on Technology for Sustainability)は, 高専機構の包括交流協定校と共催し,「持続可能な社会構築への貢献のための科学技術」をテーマに 行われる学生主体の国際シンポジウムであり,学生間で熱心な議論がなされました.

ISTS

2013-11-21 バンドン工科大学におけるSIBE2013・合同ゼミへ和田教員,坂本教員が発表参加

インドネシアのバンドン工科大学ITBで開催された国際会議(The Second International Conference on Sustainable Infrastructure and Built Environment(SIBE-2013))および本校とITB共催のJoint Seminarにて本学科から和田教員,坂本教員が研究発表を行いました.バンドン工科大学は岐阜高専との包括交流協定締結校の一つであり,教員研究交流の一環として行われた今回の会議・セミナーでは諸課題に関する認識が共有されました.

SIBE2013 SIBE2013

2013-11-08 本学科4年生,北海道へ研修旅行に行ってきました.

本学科4年生,11/5-8と北海道へ研修旅行へ行きました.寒地土木研究所,有珠山,小樽などを見学しました.

4年研修旅行 4年研修旅行 4年研修旅行

2013-11-06 本学科3年生,京都(琵琶湖疏水記念館,インクライン)へ研修旅行に行きました.

3年研修旅行

2013-10-26,27 高専祭4年発表の専門展,本学科は「五感で感じる道路の安全対策」.

26,27日に開催された本校学園祭において,4年生が発表する専門展で本学科は「五感で感じる道路の安全対策」をテーマに プレゼンを行いました.たくさんのご来場ありがとうございました.プレゼンの一部であるコンクリート打音検査については新聞でも紹介されました. また同期間中に開催された学科教員による「環境都市の部屋」「公開講座」へも多くのご参加ありがとうございました.(朝日新聞記事)

高専祭専門展1 高専祭専門展2 高専祭専門展3

2013-10-07 本学科OB講師による第3学年学年講演会

本校環境都市工学科OBの上野慎也様を講師としてお招きし,第3学年学年講演会を開催しました.

第3学年講演会1 第3学年講演会2

2013-08-31 「オープンキャンパス2013」たくさんのご来場ありがとうございました.

オープンキャンパス1 オープンキャンパス2 オープンキャンパス3

2013-06-04 バンドン工科大学土木環境学部,学部長,副学部長来校

本学の提携校であるバンドン工科大学土木環境学部からSuprihanto教授とAde Sjafruddin教授が来校しました.角野研の段下君が研究紹介をしました.

ITB学部長来校1 ITB学部長来校2 ITB学部長来校3 ITB学部長来校4

2013-03-25 環境都市工学科と建築学科の教員が浜岡原子力発電所を視察しました.

浜岡見学

2013-03-19 本科卒業式・専攻科修了式が挙行されました.

専攻科建設工学専攻13名,環境都市工学科44名が修了・卒業しました.

卒業式

2013-02-26 5年生卒業研究発表会が行われました.

本科5年生による卒業研究発表会が行われました.構造・地盤・水理・環境・計画系に渡ってこの1年の研究成果について熱心なプレゼンが行われました.

発表の様子 発表の様子

2012-12-22 「学生による地域課題解決提案事業」発表で5年三品君・伊藤君が2位受賞.

12月22日に県と県内22の大学等高等教育機関により共同運営されるネットワーク大学コンソーシアム岐阜で「学生による地域課題解決提案事業成果報告会」 が開催されました.そこにおいて,本学科5年生の三品君と建築学科5年の伊藤君によって行われた発表が第2位を受賞しました. 三品君・伊藤君は「住民の意見を取り入れた公園計画の策定に関する実践的研究」という題目で発表し,審査員から高い評価を集めました.

発表の様子 受賞の様子 賞状と記念品

2012-12-10 専攻科2年の北川翔也君が日台iGOシンポジウム2012で発表してきました.

12月10日・11日に木更津高専が主催の日台iGOシンポジウム2012が台湾の国立聯合大学で行われ,鈴木孝男研究室の専攻科2年生の北川君が参加しました. 本シンポジウムは福祉と環境で分けられており,北川君は環境をテーマに「Evaluation of regional groundwater flow by dredging the Hida River, Gero district in Gifu Prefecture(岐阜県下呂地区飛騨川の河道浚渫に伴う地域地下水への影響評価)」を発表しました.

国立聯合大学 参加者の集合写真