学内専用ページ

学校案内ABOUT

ホーム学校案内 > 国際交流活動

国際交流活動

外国人留学生

本校では、平成3(1991)年から文部省(現文部科学省)を通して、国費・マレーシア政府派遣およびモンゴル政府派遣等留学生を受入れています。これまでに受入れた留学生は、平成30(2018) 年度までに計81名です。 現在、在籍している留学生は11名、その国籍は、マレーシア、モンゴル、カンボジアです。

国別受入留学生の内訳(平成3年度~平成30年度)
機械
工学科
電気情報
工学科
電子制御
工学科
環境都市
工学科
建築
学科
国別合計
マレーシア 16 4 16 6 2 44
ラオス 0 6 0 0 0 6
ヴェトナム 0 3 0 0 1 4
モンゴル 2 0 1 1 3 7
インドネシア 0 2 1 0 0 3
スリランカ 0 1 1 1 0 3
カンボジア 0 0 0 0 4 4
その他 ※ 1 2 3 0 4 10
学科別 合計 19 18 22 8 14 81

※その他は受入が2名以下の国(イラン、フィリピン、タイ、フィジー、ブラジル、ケニア、バングラディッシュ)

包括交流協定の締結校

本校は、学生の海外インターンシップ(短期留学派遣)や教員の学術交流等の“国際化”推進のために、平成23(2011)年度より、海外の大学との包括的な交流協定締結に着手しました。初めに、平成23年11月にインドネシアのバンドン工科大学と協定を結び、その後右表の大 学と協定を結び、平成30年4月現在で、包括交流協定締結校は13大学となっております。

包括交流協定の内訳(平成23年度以降)
相手国 大学名 締結年月日
インドネシア共和国 バンドン工科大学 2011/11/3
マレーシア連邦 マレーシア工科大学 2012/7/30
ドイツ連邦共和国 ハノーバー大学 2012/9/24
アメリカ合衆国 アイオワ大学 2013/4/12
ウズベキスタン共和国 トリノ工科大学タシケント校 2014/6/25
ウズベキスタン共和国 タシケント工科大学 2015/9/9
ウズベキスタン共和国 タシケント自動車・道路建設大学 2016/1/26
フランス共和国 リールA技術短期大学 2016/2/2
ベトナム社会主義共和国 ハノイ建設大学 2017/1/16
ベトナム社会主義共和国 ベトナム中部土木大学 2017/1/16
ベトナム社会主義共和国 ハノイ工科大学 2017/5/4
中華人民共和国 江蘇城郷建設職業学院 2017/8/29
マレーシア連邦 トン フセイン オン大学 2018/2/25

海外インターンシップ・短期留学(派遣・受入)

平成15(2003)年から、本校地域連携協力会の会員企業である㈱TYK(本社多治見市)牛込進会長のご厚意で、同社の現地法人TYK America,Inc.(米国ピッツバーグ)で、また平成17年以降はTYK Ltd.(英国ダーラム)で1~2名の専攻科生を3週間のインターンシップ生として受け入れて頂きました。平成28年度までの派遣累積人数は26名です。

また、平成24年度には、包括交流協定を締結した海外の大学への短期留学がスタートしました。

平成29年度には5大学へ12名の学生が短期留学をし、大学の教員の指導の下、研究・実習を行いました。

さらに、平成26年度からはJASSO「短期研修・研究」プログラムの一環として、協定締結校からの短期留学生を6~9月にかけて受け入れて、本格的な双方向の交流が始まりました。平成29年度には、海外の10大学から21名の留学生を受け入れ、研究室での実習や本校学生との交流を行いました。

国別受入留学生の内訳(平成3年度~平成30年度)
H15
~25
H26 H27 H28 H29
TYK Ltd. 派遣 20 2 2 2 2
バンドン工科大学 派遣 6 1 3 3 3
受入 0 3 3 3 2
マレーシア工科大学 派遣 3 2 2 3 3
受入 3 4 5 3 2
ハノーバー大学 派遣 2 0 2 2 2
受入 0 3 3 3 2
アイオワ大学 派遣 2 1 2 2 2
受入 0 2 3 3 2
トリノ工科大学タシケント校 派遣 0 0 2 2 2
受入 0 0 4 3 2
タシケント工科大学 派遣 0 0 0 0 0
受入 0 0 0 3 0
リールA技術短期大学 派遣 0 0 0 0 0
受入 0 0 0 0 2
ハノイ建設大学 派遣 0 0 0 0 0
受入 0 0 0 0 2
中部土木大学 派遣 0 0 0 0 0
受入 0 0 0 0 2
ハノイ工科短期大学 派遣 0 0 0 0 0
受入 0 0 0 0 2
リパブリック・ポリテクニック 派遣 0 0 0 0 0
受入 0 0 0 0 3

国際学術交流(二国間交流事業・共同セミナー開催)

平成24(2012)年10月、バンドン工科大学土木・環境工学部の副学部長2名が来校し、研究内容について意見交換しました。バンドン工科大学、岐阜高専双方の研究者による共同セミナー開催により、発展するインドネシアの都市・地域について、環境の持続可能性と自然災害に対する強靭性を両立させる新たな「都市インフラの整備方法」についての知見を深めることで合意しました。

平成25年11月21日に岐阜高専とバンドン工科大学FCEEの第1回ジョイントセミナー(Environmental Sustainability and Disaster Prevention)をバンドン工科大学で実施し、150名を超える参加者(岐阜高専、豊田高専および沼津高専の教員8名を含む)を得ました。その後の第2回セミナー(平成27年3月、インドネシアバリ島デンパサール)、第3回セミナー(平成27年11月、バンドン工科大学)、第4回セミナー(平成28年10月、バンドン工科大学) を経て、本年は3月に岐阜において工学教育の研究を含めたジョイントセミナー(Environmental Sustainability and Disaster Prevention, and Engineering Education)を開催し、協定校からの17人名の参加者を得て、25件の学術発表、2件の基調講演を行いました。

学校案内
学科・専攻科
一般科目
一般科目 人文サイトへ
一般科目 自然サイトへ
本科
機械工学科サイトへ
電気情報工学科サイトへ
電子制御工学科サイトへ
環境都市工学科サイトへ
建築学科サイトへ
専攻科
専攻科サイトへ
入試情報
教育・学生生活 就職・進学

〒501-0495 岐阜県本巣市上真桑2236-2

TEL:058-320-1211(代) FAX:058-320-1220

各部署へのお問い合わせはこちらから

学内専用ページ