学内専用ページ

学校案内ABOUT

ホーム学校案内 > 校長からのメッセージ

校長からのメッセージ

岐阜工業高等専門学校 校長 伊津野真一

岐阜高専(国立岐阜工業高等専門学校)は岐阜県の南西部、日本さくら名所100選に選定されている薄墨桜でも有名な本巣市にキャンパスがあります。全国に51校ある国立高等専門学校の1つで、独立行政法人国立高等専門学校機構に所属しています。

岐阜高専は昭和38年(1963年)に設立され、60年近い歴史を持っています。5年間一貫教育を通して、ものづくりの基盤を支える技術者としての十分な基礎学力、一般教養教育と工学の早期専門教育により、実践的技術者、指導的技術者を育てる伝統ある学校です。機械工学科、電気情報工学科、電子制御工学科、環境都市工学科、建築学科の5つの専門学科と専攻科(先端融合開発専攻)があり、これまでに約8,862名の本科卒業生と約748名の専攻科生を社会に送り出してきました。令和3年(2021年)3月には本科と専攻科を合わせて226名が卒業、修了し、それぞれの進路を歩み始めました。卒業後の進路は技術者として企業、公的機関で活躍できます。特に産業界からは高専卒業生の評価は高く、非常に高い求人倍率(ここ数年は本科卒業生は27倍、専攻科修了生は28倍程度)となっています。また、就職以外にも、本科卒業生は、岐阜高専の専攻科への進学、大学3年次への編入学により学士の資格を得ることができます。専攻科を修了し、学士号を得た後はさらに大学院への進学の道も開けます。

科学技術の急速な進展、少子高齢化、グローバル化、気候変動に加えて新型コロナ感染症などにより、社会は大きな変化を加速しています。高専を取り巻く環境も変化し、高専卒業生に求められる資質や能力も変わりつつあります。その中で、社会実装に大きく貢献できる人材育成を基本に、イノベーションを実現できる技術者を輩出する高専の役割は変わりません。

本校は、教育理念に基づき、科学技術に夢を託し、人類愛に目覚め国際性豊かで情報化社会の最前線で活躍する指導的技術者の育成を目指します。高専における教育・研究の質の向上、地域連携のさらなる強化、社会の変化に対応する教育改革について努力を重ねていく所存です。皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。 

入学式式辞

入学式式辞

春たけなわのなか、岐阜工業高等専門学校に入学された新入生の皆さん、岐阜高専の教職員を代表して、心からお祝い申し上げます。皆さんを新たな仲間として岐阜高専にお迎えできることを私たち教職員一同うれしく思っております。

新入生の皆さん、保護者の皆様、そしてご関係の皆様、おめでとうございます。

本日、岐阜高専本科には機械工学科43名、電気情報工学科41名、電子制御工学科42名、環境都市工学科42名、建築学科42名の合計210名の皆さんが入学されました。ほかに留学生1名、そして、専攻科生は40名の方が、新入生として入学されました。本校の教職員一同、心よりお祝いし、皆さんを歓迎いたします。

本科に入学された皆さんは、中学校を卒業されて高専生になられました。高専では皆さんを「生徒」ではなく、「学生」と呼びます。大学生と同じように呼ばれることになります。高専では、実践的専門教育と、教養教育を同時に受けるためであり、皆さんはその責任と自覚をもってこれからの高専での活動を行ってください。

教養教育と、実践的専門教育については、それぞれを担当される先生方との協働により、それぞれの学術分野、そして工学分野の進歩向上を図ります。その中で皆さんが学生として学修していく際に、一番大事なことは、健全な学生生活を送ることです。昨年から続く新型コロナウイルス感染拡大の中であっても、感染症に対する対応をしっかり意識しながら、規則正しい生活を続けることで、健全な学生生活を保つことができます。教職員も新型コロナウイルス感染症に対する対策には万全の体制で臨んでいます。

私は、皆さんと同じようにこの4月から岐阜高専の校長に就任したばかりです。ですから私はわからないことを何でも教職員の方々に聞いています。皆さんも、もしわからないこと、困ったことなどがあればぜひ私を含めて近くの教職員に聞いてください。精一杯お応えします。私たちは普段の皆さんの生活を含めて岐阜高専での教育、研究の水準をより高度なものへと発展させ、そして社会へのいろいろな形での貢献を進めていきます。これまで以上に社会から愛される高専にしていきたいと考えています。そのためには皆さんが、「岐阜高専で学んで本当に良かった」と心から思えるようになることが一番重要です。その気持ちは、必ず社会に伝わるはずです。岐阜高専は、1963年 に設立され60年に近い歴史ある高専です。新しい伝統を皆さんの手で築き上げて行ってください。

皆さんは、この歴史ある岐阜高専の一員としてこれから思う存分勉学に専念し、健全かつ実りの多い学生生活を続けるためにも、いくつか気に留めておいていただきたいことがあります。

一つはコミュニケーションの大切さです。コミュニケーションとは、相手の気持ちや考えを理解し、自分の気持ちや考えを相手に伝えることです。相手のことがよくわかり、自分を理解してもらうことは、そうでなかったときに比べていろいろなことがすっきりしてきます。そうすると次のステップが見えてきます。新しいコミュニケーションへとつながるのです。世の中や、社会でみんなの役に立つ技術を提供することは素晴らしいことです。技術を提供する側と受け取る側の間のコミュニケーション、技術を生み出す中でのコミュニケ―ションがとても大切なのです。

私は詩人の谷川俊太郎と何度かお話をしたことがありますが、「正しい理屈や理論じゃないものが人間を動かすこともある、それを信じてもいいんじゃないかと僕は思います」ということ言っておられます。皆さんはこれから、これまで以上に、理屈や理論をしっかりと学びます。しかし、それだけですべてのことが理解でき、解決することはありません。そもそも人類の知識というのは、ほんの少しだけなのです。多くのことはわからないことだという認識も必要だと思います。

俊太郎さんの言葉に、「ひとつのおとに、ひとつのこえに みみをすますことが もうひとつのおとに もうひとつのこえに みみをふさぐことにならないように」というのがあります。一つの専門に集中することはとてもいいことです。一方でほかのことが見えなくなってしまうことのないように、ぜひ視野を広くいろいろなことを見てください。一番大切なことは、自然界の本質を理解することです。そうすると、人間が知り得ていることは、まだまだほんの少しだけのことだということが分かってきます。そして、人間が知り得ていないこと、不思議なことについても、理解できるようになっていきます。物事の本質、仕組み、そして根源を理解する努力を続けてください。

新入生の皆さんが岐阜高専で快適で健全な学生生活を送れるように教職員一同全力で支援します。これから始まる新しい高専での学生生活を大いに楽しんでください。

本日は入学おめでとうございます。

令和3年4月5日
岐阜工業高等専門学校
校長 伊津野 真一

卒業式式辞

卒業式式辞

昨年度は、新型コロナウィルスの感染拡大を避けるため、大変残念でしたが卒業式・修了式は開催しませんでした.学校行事として、また、皆さんにとって卒業式・修了式は大変重要であり、本年度は十分な対策をとって、2クラス単位で実施することになりました。

卒業生(および修了生)の皆さんを無事に岐阜高専から送り出すことができることは、私たち教職員にとって大変うれしいことです。(本年度からは、専攻科の修了生には学士の学位記も本日お渡しできるようになりました。)ここに、国立岐阜工業高等専門学校を卒業(および修了)される学生の皆さんと、保護者の皆様に、岐阜高専の教職員を代表して、心からお祝い申し上げます。

 本日、本科生は193名が卒業し、(専攻科生は33名が修了します。本科生は、)機械工学科37名、電気情報工学科35名、電子制御工学科37名、環境都市工学科44名そして建築学科40名です。

 私は、本日の本科学生の入学時に岐阜高専の校長として赴任して、5年が過ぎようとしており、定年のため今回卒業を迎えられる皆さんと一緒に岐阜高専を去ることになります。この5年間、それまでの40年余りの名古屋大学におけるものとは異なる多くの貴重な経験をしてきました。学生と教職員の間が近い、高等教育としての高専システムの良さをずっと実感してきました。特に、本年度はコロナ禍で実施できませんでしたが、学生が中心となって運営された高専祭の専門展における5学科の展示やプレゼンテーションは、毎年、大変よくできており頼もしく感じました。

 岐阜高専では、平成26年から本年度までの6年間、文部科学省の教育再生加速プログラム(略称AP)に採択され、ICT教育環境の整備を進め、アクティブラーニングと教育成果の可視化を推進してきました。本年度の遠隔教育は、この成果を基に円滑に行われました。教員からの一方的な知識の伝達ではなく、学生の能動的な学習を取り込み、自ら積極的に学ぶことです。これは時代の変化に対応する力、あるいは自ら考え問題を解決する力をつけるものです。やり抜く力の源泉でもあります。

これから、皆さんは就職、あるいは専攻科や他大学の大学・大学院に進学されますが、今後、多くの選択を迫られると思います。時代の変化は非常に早く、現時点では想定できない、すなわち今までの延長線上にない未来が来そうだからです。そのときに、短期的な損得でなく、人生の構想力、すなわち、どのように自分の人生を構想するかを常に考えるとよいと思います。一度しかない人生を、どのように生きていくかを常に考え行動することです。人生の構想力、すなわち何が自分を高めてくれるか、また、将来に渡って何を目標にしたいかを明確にして、種々の選択をするとよいでしょう。

最近の技術の世界では、非常に早いイノベーションが進んでおり、勤続30年社員と新入社員が同じスタートラインに着くような分野もあります。皆さんが、社会に出たときに歓迎される理由の1つでもあります。ただし、社会に出た後も自ら学び続けて、社会の変化に対応することが求められ続けられます.本年度の大変苦しいコロナ禍を乗り切った皆さんは、今後も種々の困難に打ち勝ち、きっとよりよき社会を創出するのに貢献されると思います。

 大きな決断をするときに必要であれば、岐阜高専に帰ってきて、教職員に相談することも大いに歓迎します。高専で得られた友人や同窓会を大切にすることによって人的なネットワークもできます。岐阜高専は、今後もずっと皆さんの味方であり心のふるさとであり続けます。

夢と高い志を持ち、そのために日々のやるべき事を着実に行い、みのり豊かで、社会に貢献できる人生をおくられることを強く希望いたします。卒業生、(修了生)の皆さんのこれからの洋々たる前途を祝すとともに、今後のご活躍を心から祈って、校長式辞といたします。本日は誠におめでとうございます。 最期に、蛇足ですが、皆さんにエールを送りたいと思います。「頑張ろう。頑張ろう。頑張ろう。」

令和3年3月19日
国立岐阜工業高等専門学校
校長 伊藤 義人

学校案内
学科・専攻科
一般科目
一般科目 人文サイトへ
一般科目 自然サイトへ
本科
機械工学科サイトへ
電気情報工学科サイトへ
電子制御工学科サイトへ
環境都市工学科サイトへ
建築学科サイトへ
専攻科
専攻科サイトへ
入試情報
教育・学生生活 就職・進学 研究・地域貢献

〒501-0495 岐阜県本巣市上真桑2236-2

TEL:058-320-1211(代) FAX:058-320-1220

各部署へのお問い合わせはこちらから

学内専用ページ